八千代市 パチンコ

八千代市 パチンコ

近くに被害の出る生き物がたまたまおらず、一緒に居るディノもネアの歌声で死んでしまったりはしないので、すっかり気付いていなかった

「むーきゅっきゅっ、むーきゅっきゅっ、むーきゅっきゅっきゅ」そうして、ワルツのリズムで歌詞のない歌を口ずさんでいたその時、ぼすん!と何かが空から落ちて来た

「……………むーきゅ………………きゅっ」ネアはぎょっとして目を瞠った視線をそのまま下に下げてゆき、ばしゃんという謎めいた効果音で地面に落ちたものを怖々と観察する

黒っぽい飛沫が散ったので、まさか落下の衝撃で中身が出てしまった系の惨事かなとも思ったのだが、何か様子がおかしい

「ネア、何か落ちてきたけれど、大丈夫かい?」「…………お空から降ってきた何かが水溜りに落ちたようです」「ネアの歌を聴いてしまったのかな」「歌……………ってました?」「うん

あなたも好きかも:cf カード スロット
可愛かったから、また聞かせて欲しいな」「…………ほぎゅ

そう言えば、お口の中に音を出していたような余韻があります………ほわ…………」背後で逃げ沼の移送を終えたディノも目撃したのか、慌ててネアのところに戻ってきた

ネアが、そんな大空からの落下物を放っておけずに近付いたのは、ディノの指摘によって自分が何をしていたのかを理解したことで、多分自分の歌声で殺してしまった何かだろうという自覚があったからだ

ここで見殺しにしたら、きっと後悔するに違いない

あなたも好きかも:偽物語 パチンコ 299 設置店
人間には、逃げるべき時と踏みとどまるべき時があるのだ

「ふ、ふぇぇぇ……………」そして、落下ポイントに急いだネア達がそこで発見したのは、よりにもよって逃げ沼に落下して泣いている、悲しい悲しい雲の魔物の姿であった

手は逃げ沼の縁にかけて沈んでしまわずにいたし、ターバンは幸いにも頭の上に乗ったままだったが、落ちてきた衝撃がすごかったのか、跳ね上がった泥でほぼ泥人形になってしまっている

「…………ヨシュアさんです

………ディノ、ここだけの話ですが、た、多分私のせいなので、どうかヨシュアさんを助けてあげてくれますか?」「うん

逃げ沼に落ちたんだね……………」「その、……………ヨシュアさんを引っ張り上げるには、ディノも、逃げ沼でびしゃびしゃになってしまいます?であれば、棒のようなものを探して来て差し出すので、言って下さいね」「魔術で引き揚げられるから心配しなくて大丈夫だよ