千葉 ガーデン パチンコ

千葉 ガーデン パチンコ

ジャケットのポケットに手を入れて探せば、小瓶が指先に当たり、コルクを抜いてから軽く匂いを嗅いで、ほとんど香りづけがないことを確認してから、一気に飲む

 口の中に苦みが広がった

舌を刺すような感覚に顔をしかめつつも、吐き出すようなことはせずに飲み込む

本来なら味付けを前提にしそうな薬だが、もっと甘くしろと文句を言うほど子供ではない

あなたも好きかも:アプリィ パチンコ 換金率
 子供ではない

あなたも好きかも:ハルヒ スロット ステージ
だが、大人でもない

 らしくない、妙なところで思考もまた、ぐるぐると回っている

こんな時は躰を動かしたいところだが――病み上がりには、少しばかり過ぎた望みか

 ともかく今日は大人しくしておこう

そんな休息日がたまにあっても、まあ、良いんじゃないかと思って、夜明けの空を見るために、再びコノミは仰向けに寝転がった

あなたも好きかも:カジノ アニマ
「ロイドさん

何とか撒(ま)けましたね」「ああ……」 カーチェル劇団の一同は、何とか港町ガルニマへ到着した

 だがその様子は以前のように平然とではなく、どこかこそこそとした面持ちでの移動となる

「しかし、ヘレンをわざわざ回収しに行かなくても……」「彼女達はどさくさでまだこちらの動きを察知してないだろう? それに今後の活動のためにも――」「活動が何だって?」 ロイド達はその声に驚愕