北斗の拳 パチスロ シリーズ

北斗の拳 パチスロ シリーズ

物腰は落ち着き、非常に淑やか

大人となった主の顔と声で、そいつは空を手で払いながら、語る

「その本にある言葉は、遠い昔に『翼人種』の子供(ボク)が、それっぽく書いただけの落書きだ……

あなたも好きかも:ノースランド 掛尾 パチンコ
優秀な『神学者』だった君は、もう理解しているはずだ

『碑白教』の神など、嘘っぱちだったと……

ごめんよ」 その俺の支え全てを根こそぎ払う手に、覚えがあった

あなたも好きかも:ターボ スロット 攻略
 彼女が『碑白教』の神ノイ・エル・リーベールであると、払われた手の痛みが訴え、教えてくれる

 そして、ラグネの姿をした女神は、何よりもまず自分の存在を否定していく

「世界は、嘘っぱちばっかりなんだよ……

君はラグネ・カイクヲラといった死者たちの『声』が聞こえるようだが……、それも『碑白教』と同じく、幻だ

都合のいい声を求めて、勝手に頭の中で捏造しているだけ

なにせ、彼女の魂は、いまボクたちの手の内にある」 それは俺の否定でもあった

あなたも好きかも:日本橋駅 東京 パチンコ
 ノイは丹念に何もかもを否定していき、最後には祝福する

「ゆえに彼女の魂からの『声』は、このボクが代弁させて貰おうと思う

――もう挑戦する必要など誰にもない

ここにいるカナミこそが、君の求めていた真の神

君は人生の『頂上』に辿りついたのだ

おめでとう」 その宣言に、セルドラさんも頷いていた