パチンコ ケイズ 大高

パチンコ ケイズ 大高

その場に存在しているだけで圧倒される何かを感じる

(美の神とか言われても納得できるよな・・・)「ありがとうございます

一応、私も美を司る末席におりますので、そう思われることはとてもうれしいです」「・・・は!?」(あれ? 今、声に出してないよね!?) 慌てる考助をよそに目の前の女性は、手を口元に持ってきてクスクスと笑ってる

 そんな考助を横目に、ここまで考助を連れてきたエリスが、「アスラ様、お時間が限られているのでは?」「ああ、そうでした

考助様、とりあえずこちらまで」 アスラと呼ばれた女性は、笑うのをやめて考助を自分のそばまで来るように促した

 考助は、その言葉に逆らわず圧倒されたままフラフラと近づいて行った

「お手を拝借できますか?」 言われるままに右手を差し出すと、アスラも同じように握手をするように右手を差し出してきた

(・・・・・!!) その手が触れた瞬間、考助の身体の中に何かが流れ込んでくるのを感じて思わず手を放してしまった

 そんな考助を見ながらアスラは、ほっとしたように安堵の表情を浮かべていた

あなたも好きかも:大塚 スロット
「えっと、今のは何が・・・?」「申し訳ありません

あなたも好きかも:木曽川 パチンコ バイト
色々聞きたいことがあるでしょうが、とりあえずそれらにお答えする前に一つだけ聞きたいことがあります

考助様がここに来るまでのことはどこまで覚えていますか?」「え? いや、エリスさん、でしたっけ? に、連れてこられて・・・」 質問に答えようとした考助は、聞きたいのはさらにその前のことだと思い当たり、草原に来る前のことを思い出そうとする

あなたも好きかも:地獄少女 スロット スルー回数
(えっと、仕事を終えて駅の改札を出て、家に向かって歩いて・・・) だんだんと「その時」の光景を思い出してきて、考助の表情がだんだん青褪めてきて、ついにはふらりとよろけて、そばにいたエリスに支えられる

「考助様、大丈夫ですか?」 まだ青い顔をした考助の目を、アスラの碧眼が覗き込んできた

 その目で見つめられて、考助も少しずつ落ち着いてくる

 最後に大きく深呼吸をして、完全に落ち着きを取り戻した