ルーレット 語源

ルーレット 語源

 ホブゴブリンの部族の多くは、戦争への情熱と高い知性とが結びついています

ほとんどのホブゴブリンは攻城兵器、錬金術、複雑な工学の賜物に魅了されており、それらに熟練したものは英雄として扱われ、つねに部族で最高ランクの地位に就いているのです

分析的な知性を持つ奴隷はとくに価値があるとされることから、ドワーフの都市への襲撃がよく行なわれます

 よく知られているように、ホブゴブリンは魔法、とりわけ秘術魔法を信用せず、嫌悪さえしているのです

あなたも好きかも:悪魔城 ドラキュラ スロット
呪術師は恐怖と敬意が入り混じった扱いを受け、通常は部族の居住地のはずれに独り住むことを強いられます

あなたも好きかも:東京 優良 店 パチンコ
秘術魔法、ホブゴブリンの言うところの“エルフの魔法”を学ぶホブゴブリンを見たという話はほとんどありません

あなたも好きかも:機動新撰組 萌えよ剣 スロット フリーズ
魔法に対する嫌悪感はエルフに対する憎悪に根ざしています

 ホブゴブリンの身長は5フィート(約1.5m)、体重は160ポンド(73kg)

 TRPG『ADVANCED FIGHTING FANTASY』第2版『モンスター事典――奈落の底から――』では、おそらくゴブリンとオークの混血の結果と思われるホブゴブリンはひょろりと背が高く、さまざまな未開の地で見られます

ゴブリンとともに暮らしていることもあるが、それとは異なり、陽の光を恐れず、地上でも地下でも手強い敵となるのです

人間と同じぐらいの背丈があり、多くは過去に敵から奪ったぼろぼろの服や鎧を着ており、剣や棘付きの棍棒を携えています

親類のゴブリンのように相手を拷問で殺すことを好み、それもとくにエルフがお気に入りです

醜く、いぼだらけの生物であり、少しでも優美で可愛いものすべてを憎んでいます

 ホブゴブリンとは人里離れた原始的な集落で暮らしているところに出くわすこともありますが、多くは混沌の軍勢に加わり、人間ではない人型種族と過ごしています

なかなかの戦士であり、戦(いくさ)ではゴブリンやオークの小規模な集団を率いているのに出会うこともあるのです

そのような若干の規律めいた能力を持ちながら、エルフに面と向かおうものなら、受けた命令などすぐに忘れて、即座に襲いかかってしまいます

 TRPG『Tunnels & Trolls』完全版では、ホブゴブリンは決してゴブリンほど多産ではなく、本人たちはゴブリンとは無関係だと主張しています

彼らには両生類的な特徴がないので、もっともな主張と言えるでしょう