パチンコ 瀬戸 岡山

パチンコ 瀬戸 岡山

メールや電話で話は出来ても、直接会わないと状況などわからないものだ

こうして会うことが出来て、昨日の不安も消えた

 そんな、どこか安堵の笑みを見せる優樹に加奈は「ったく」と呆れて苦笑した

あなたも好きかも:オアシス・ポーカー・プロ・シリーズ
「私の心配より赤ちゃんの心配してた方がいいよ? 前のことがあるし

念のために、ゆっくりしてた方がいいと思う」 警告染みた言葉の後にジュースを飲む、少し睨みを利かす加奈に、優樹も「まあね」と苦笑いの後にジュースを飲んだ

「ちょっと怖いけど……、でも、流優と優流も産まれてくれたし

次も、がんばって産まれてきてくれると思う」「産まれてきてくれるんじゃなくて、優樹ちゃんが産んであげなくちゃいけないんだよ?」 まるで他人任せだ

あなたも好きかも:パチスロ 大神 回胴編
 わかってる? と、呆れ気味に目を細められ、優樹は「はぁい」と空返事をして笑った

「明日、朝からだよね?」 ギュッとチビクマを抱いて寝苦しそうな顔をする流優の頭を撫でた後に問う

「検査、付き合ってあげようか? 待っててあげる」 ベビーカーを軽く揺らしてあやしながら微笑むと、加奈はじっとりと目を細めて肩の力を抜いた

あなたも好きかも:シルバー ウィーク スロット
「あのね優樹ちゃん……、自分が大事な体だってわかってないでしょ?」「わかってるよー」 呆れた口調と視線に、優樹は少し口を尖らせた

「でも、付き添うだけだし

走り回ったりするわけじゃないし

いない方がいい?」「んー、そりゃあいてくれた方が心強いけど……」 ボソボソと声を漏らす口元がへの字に歪み、遠慮気味に目を逸らす

 やはり、両親だけではなく他の誰かもいた方が安心なのだろう

わがままを言えない加奈に、優樹はにっこりと笑った

「じゃあ付き添う

流優も優流も一緒に