2004年 ぱちんこ

2004年 ぱちんこ

「夜はもう、余計なものを増やすなよ?」「はい

特にアルテアさんと踊るときは要注意ですね」「何でだよ」そう言ってから、ふと、アルテアは静かにネアを見つめた

その眼差しの静謐さに首を傾げたネアに、そっと伸ばされた指先が頬に触れる

触れた指先の温度は低いが、その魔物らしい温度にはもう慣れた

そして、魔物達が時々、こうやって心内を押し隠した眼差しで恐る恐る人間に触れることにも、ネアはもう驚かなくなっていた

あなたも好きかも:パチンコ セグ と は
「…………俺の言葉が聞き取れなかったなら、お前は、俺に裏切られたと思いはしなかったのか?」「むぅ

それであれば、やはり野生の魔物さんなので、時々は荒ぶるのかなと考えていました」「それだけか?」「ええ

あなたも好きかも:まどマギ バチンコ
アルテアさんはそちらの系統の魔物さんなので、性質上仕方がないのかなと思うのです

しかしながら、こちらに被害が出た場合は、捕まえたら叱らなければなりません

ぞうさんボールで…」「やめろ」「でも、アルテアさんは避難させてくれていたので、私が思っていたよりもずっと…………む?」「ずっと、何だ?」「ずっと…………よく懐いたパイ職人なちびふわです?」「……………何でだよ」ここでアルテアから、ネアはぴしりとおでこを叩かれた

痛くない程度ではあるのだが、べしっと淑女のおでこに指を当てられると唸らざるを得ない

おでこが赤くなったら、狩りの女王的世界の損失ではないか

「むぐる………」「リツセラの所に押し出した時にかけた印の魔術を解いたんだ

魔術添付などはなかったが、妖精は侵食が得意だから念の為にな」「しるしの、魔術…………」「……………闇の妖精に連れていかれた時にもかけてやっただろうが」「は!思い出しました

意識に侵食や改変があった時に元通りにしてくれるやつなのです………」「お前はこっちが考えもしないようなところから、事件や事故を拾ってくるからな