スロット ビッグボーナス ジャグラー

スロット ビッグボーナス ジャグラー

 蹴られた男子は、腰を下ろして軽く足を撫で、掛けている眼鏡を上げて困った表情で用紙を拾い集める優樹を目で追った

「ほ、本当にすみません……

あなたも好きかも:パチンコ 名称 盤面
……あ、……ど、どうしよう、少し汚れちゃって……」 用紙の隅についた汚れを見つけて、オロオロと目を泳がしながら擦り落とそうとする優樹に、男子生徒は間を置いて苦笑した

「大丈夫

あなたも好きかも:立川 パチンコ 楽園
問題ないよ」 そう声を掛けられ、優樹は顔を上げて男子を見ると、「……あっ」と、思い出したように彼の足を窺った

「け、蹴っちゃってっ……ご、ごめんなさいっ……

い、痛くなかったですかっ?」「蹴られて痛くない人がいたら、その人は、とうに歩けない程の感覚障害を負っていると思うけどね?」「……

……?」 にっこりと笑って言われた優樹は、少し顔をしかめて首を傾げた

意味不明で頭が回らず言葉が見つからない、そんな彼女に構うことなく、男子は、落ちている用紙を拾い集め出した

あなたも好きかも:スロット ダウンロード数
「気を付けたほうがいいよ、大島優樹さん」 ためらいもなく名前を言い当てた彼に、優樹は少し驚いて目を見開いた

「えっ、……と……、私の、こと……」「知ってるよ

チビでドジで何をやってもダメなノンキの大島優樹さん」 一瞬、何を言われたのか理解出来なかった

だが、段々と意味がわかってきだすと“すまない”という表情も険しくなってくる

そして、出た言葉