大工のげんさん パチンコ 連チャン 確率

大工のげんさん パチンコ 連チャン 確率

あなたも好きかも:パチンコ ドンキーホーテ
だがそれ以外のほとんどは――拒絶するのだ

 リウは、きっと老衰であっても拒絶する

 いや拒絶したい

したいけれど、奥歯を噛み締めてそれをきっと見送るだろう

 何故なのか

 ミヤコも、そこまでは知らない

結果として、総当たり戦を終えてミヤコたちは決勝に進めることになった

ミヤコに言わせればリウの行動が非常に気になったのだが、引き分けに持ち込んだのはきっと僅かに残った良心なのだろうと思う

いや、思いたい

 控室に戻ると、二人きりになった

残りの三人は明日の戦闘のために時間を使いたいのだろう

あなたも好きかも:グラップラー刃牙 スロット
「決勝戦かあ……なんか、あっさりきた感じ」「今年は出場チーム数が二割くらい減ってたらしいわよ」「どうだろ

あたし、やりすぎてない?」「そんなことはないと思うけれど、明日はここの調査も区切りをつけたいわねえ……」「リウは確かに、やりすぎてないけど――え?」 気付くのは、僅かにミヤコの方が早かった

出口へ向かう側の通路から、ひょいと顔を見せた男を目視した瞬間、左手が柄から鞘へと向かい、握る

右手が柄へ伸びなかったのは、敵意がそこになかったからだ

「よォ」 二回戦の時に、こちらを見ていた男だ

初老の男、印象としては間近でみるといやに細い

ひょろり、なんて言葉が合いそうなのに、鍛え抜かれた四肢は服の上からでもわかる

「あら――」「え……」 反応は違えた